「 名古屋オーシャンズ 」 一覧

プレス回避(ヘドンド・パラレラ・ウンドイス)

バサジィ大分が名古屋オーシャンズを相手に見せた、プレス回避からの連動した素晴らしいゴール。 大分は9番 田辺陸選手、10番 仁部屋和弘選手、14番 白方秀和選手、23番芝野創太選手のセット。 対する名 …

キックイン戦術(ブロックアンドコンティニュー)

名古屋オーシャンズの横1列からのキックイン戦術。 横1列から動きを見せる名古屋のサインプレーに対して、エスポラーダ北海道のディフェンスは、はじめはゾーン、ボールが出てからマークに付くという対応か。 名 …

コーナーキック戦術(ループ・ボレー 低め直線的)

名古屋オーシャンズのループ→ボレー。 ループというよりはピンポイントの直線的なパスだ。めったにお目にかかれないスペクタクルなプレーなのでご紹介する。 4番 酒井 ラファエル 良男選手がキッカー、10番 …

パワープレー戦術(V字型・角度とスペースとダイレクト)

V字型のパワープレーのバリエーション。 デウソン神戸(白)が見せた、ダイレクトパスで崩すお手本のようなPPだ。 対する名古屋オーシャンズ(赤)は、台形ボックスのゾーンで対応している。 神戸30番 松宮 …

キックイン戦術(ループ・ボレー大外・相手ゾーンディフェンス)

ゴールから11mの位置からのキックイン。 シュライカー大阪が狭い範囲で複雑な動きをしそうな雰囲気を出したため、名古屋オーシャンズはゾーンで守ることを選択した。 名古屋のディフェンスは、細かい動きについ …

定位置攻撃(3-1ピヴォ-エイト-ピヴォ当て)

マンツーマンを意識させられ過ぎた例。 最終的にシュートを決めたのは、最初にピヴォの位置にいた名古屋オーシャンズ シンビーニャ選手。 強力なピヴォがいる相手には、守備側はマンツーマンが得策(ミスマッチが …

Copyright© FUTSALdb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.