「2016/17F-LEAGUE」 一覧

直接フリーキック(右45度8mのサインプレー)

ゴールから8m右45度の位置からのセットプレー(直接フリーキック)。 バルドラール浦安が見せた、シンプルだが狡猾なサインプレーだ。 守備側、バサジィ大分の守備位置、壁は2枚で、ニアポストに1人、フリー …

パワープレー戦術(V字型・角度とスペースとダイレクト)

V字型のパワープレーのバリエーション。 デウソン神戸(白)が見せた、ダイレクトパスで崩すお手本のようなPPだ。 対する名古屋オーシャンズ(赤)は、台形ボックスのゾーンで対応している。 神戸30番 松宮 …

キックイン戦術(ループ・ボレー大外・相手ゾーンディフェンス)

ゴールから11mの位置からのキックイン。 シュライカー大阪が狭い範囲で複雑な動きをしそうな雰囲気を出したため、名古屋オーシャンズはゾーンで守ることを選択した。 名古屋のディフェンスは、細かい動きについ …

キックイン戦術(ループ・ボレー大外)

キックインからのループ→ボレーの素晴らしいゴール。 キッカーの他に、前2枚。底に言わずと知れたゴールゲッター、ペスカドーラ町田の森岡薫選手が位置している。 この時点でフィニッシャーは森岡選手だとヤマを …

プレス回避(クアトロからの美しいゴール)

ピヴォを置かない、お皿のような台形の形からのパス戦術、クアトロ-ゼロを用いたプレス回避からの美しいゴール。 底の左右2枚のうち、左の選手は右にパスすると同時に抜ける。 ちなみにこの出して抜ける動きは、 …

キックイン戦術(ボールの軌道を変えるのは誰でもよい)

ノーリスク、残り時間が少なくても簡単に結果につながるキックイン戦術。 キックインの方向と高さ、走り込む選手のタイミングと方向がカギだ。 まずキッカーの体勢。手でセットして顔を上げ、狙うポイントとタイミ …

キックイン戦術(横イチ-ヘドンド-ファー詰め)

素晴らしすぎるサインプレー 横1列にセットするキックインからのサインプレーの超ハイレベル編。 わざわざ横イチになる目的は、相手にマンツーマンを強く意識させるためだ。 湘南ベルマーレの選手はこの時点で、 …

定位置攻撃(3-1ピヴォ-エイト-ピヴォ当て)

マンツーマンを意識させられ過ぎた例。 最終的にシュートを決めたのは、最初にピヴォの位置にいた名古屋オーシャンズ シンビーニャ選手。 強力なピヴォがいる相手には、守備側はマンツーマンが得策(ミスマッチが …

コーナーキック戦術(ループ・ボレー遠目)

バルドラール浦安のフィクソ、荒牧選手の十八番(おはこ)、コーナーキックからのボレーだが、これはシュートではなく、明らかに狙ったパスだ。シュートを狙うとすれば、最初の位置が遠すぎる。 キッカーのループパ …

定位置攻撃(ピヴォ-アラの入れ替わり)

ハーフディフェンスの寄せがきつくない相手に有効な攻撃。 大きなボックスの形から左アラが中へ抜け、ピヴォが左サイド深い位置で受ける。 元々右サイドにいたフウガドールすみだのニューリーダー、岡山選手がフィ …

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.