「2016/17F-LEAGUE」 一覧

キックイン戦術(ブロックから低い弾道のパス→ボレー)

エスポラーダ北海道が府中アスレティック戦で見せたキックイン戦術。 シンプルだが理にかなっていて、決定率は高そうだ。 右サイド4mの位置からのキックイン。 キッカーは15番 室田翔伍選手だ。 右サイド一 …

定位置攻撃(クアトロから個人戦術を惜しみなく。)

エスポラーダ北海道のクアトロ・ゼロ(4-0システム)からの18番 本田拓磨選手の素晴らしいゴール。北海道のプレーにはお手本となる個人戦術が詰まっている。 動画は北海道の7番 酒井遼太郎選手がボールを保 …

定位置攻撃(3-1からピヴォ当て侵入)

デウソン神戸の得意な3-1の形からのゴール。 ピヴォに7番 原田浩平選手、右アラに2番 鈴村拓也選手、 フィクソに14番 山田慈英選手、左アラは 88番 稲田瑞穂選手という形から動画はスタートする。 …

キックイン戦術(ブロックアンドコンティニュー)

名古屋オーシャンズの横1列からのキックイン戦術。 横1列から動きを見せる名古屋のサインプレーに対して、エスポラーダ北海道のディフェンスは、はじめはゾーン、ボールが出てからマークに付くという対応か。 名 …

定位置攻撃(エントラリーニャからピヴォ当てウンドイス)

シュライカー大阪の華麗なパスワークから、最後は8番 永井義文選手がヘディングで押し込んだ。こういうフットサルがしたい。そう感じさせるゴールだ。 大阪の布陣は、フィクソ(一番底)に5番アルトゥール選手、 …

キックイン戦術(美しすぎるボレー)

ヴォスクオーレ仙台11番 井上卓選手がバサジィ大分戦で魅せた、ビューティフルゴール。 キッカーがボールをセットして助走をとる間に、仙台の17番 田口友也選手がフィクソの位置から右サイド深く、ピヴォの位 …

クアトロ-ゼロから3対2の状況をつくる。

ペスカドーラ町田が見せた、ピヴォを置かないパス戦術、クアトロ-ゼロからのエントラリーニャを使って3対2の数的優位をつくりだす美しいゴール。 仙台の狙いと、守備の決まり事 対するヴォスクオーレ仙台は、基 …

コーナーキック戦術(ループ・ボレー 低め直線的)

名古屋オーシャンズのループ→ボレー。 ループというよりはピンポイントの直線的なパスだ。めったにお目にかかれないスペクタクルなプレーなのでご紹介する。 4番 酒井 ラファエル 良男選手がキッカー、10番 …

プレス回避

プレス回避(3-1のケブラ、リターンからの直接ロングシュート)

ハイプレスの回避で、ロングシュートが決まるという珍しいケース。 府中アスレティックの自陣からのキックイン。3-1の形(後ろ3枚と、ピヴォ1枚という意味)からのスタートだ。 フウガドールすみだのハイプレ …

キックイン戦術(ブロックアンドロール)

直接フリーキック(ブロックアンドコンティニュー)

ペスカドーラ町田が見せた直接フリーキックのサインプレー。 ブロックを外してフリーとなる基本戦術のお手本だ。 タイトルにはブロックアンドコンティニューとしたが、僕はブロックアンドロールと呼びたい。なお、 …

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.