第1節 大阪 4-3 北海道ハイライト

シュライカー大阪の決定力の高さを再確認するゲームだった。

大阪の1点目:堀米選手のボール奪取からのチアゴ選手のゴール

大阪の1点目は、昨年度までエスポラーダ北海道の主力であった堀米将太選手の素晴らしいプレッシングからのボール奪取。

北海道のプレス回避の狙い、キックインからのパスの緩さ、ダイレクトで蹴るタイミングと方向。それらを知り尽くしている堀米選手だからこそ、あの強度で寄せることが出来る。納得のボール奪取だ。さらに素晴らしいのはそのあとのマイナスのパスと、チアゴ選手の決定力だ。

大阪の2点目:フリーキックからの相井選手のゴール

大阪の2点目のゴールは、右サイドの直接フリーキックから。
北海道のディフェンスは、ゴレイロよりもニアサイド寄りに3人が位置している。壁の役割だ。キッカーのヴィニシウス選手、パサーでもありフィニッシャーでもあるアルトゥール選手の2人のポイントゲッターがボールに絡むと見れば致し方ないのか。その配置から、相井忍選手はニアサイドからファーサイドへスルスルと移動した。今シーズンは神戸から移籍した相井選手が、大阪の決定力の高さの平均値をさらに上げそうだ。

北海道の1点目:カウンターから水上選手のゴール

3-0と大阪がリードした状況からの、北海道 水上玄太選手のゴール。

アルトゥール選手がパスカットされた直後、自分で潰しに行ったが、後ろからチアゴ選手もマークを捨ててカバーに入って交錯してしまった。チアゴ選手はアルトゥール選手に任せるべきだった。

北海道の2点目:キックインから酒井選手のゴール

北海道はカウンターとセットプレーが抜群に上手い。
大阪のゾーンディフェンスのギャップを、斜めに貫いた酒井遼太郎選手。
2人が縦と左へ広がって真ん中にスペースを作り、そこへ酒井選手が入っていく。キックインからの美しいゴール。

北海道の3点目:カウンターから再び酒井選手のゴール

4-2大阪リードの前半終了間際、大阪ボールを奪ってカウンターの起点となった酒井選手が、最終的にはセグンドパウで合わせるという素晴らしい動きを見せた。これも最終的に、チアゴ選手がボールを見過ぎてしまった。

守備の脆さをどうカバーするのか

大阪の失点は、チアゴ選手が守備のキーマンになった時に生まれやすい。しかしチアゴ選手には、それを差し引いてもおつりがくるような決定力がある。

今シーズンも大阪は確実に優勝争いを演じるだろうが、この守備の脆さが気になる、そんな開幕節だった。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。