2016/17F-LEAGUE クアトロ ピヴォ当て プレス回避

プレス回避(ダブルピヴォ・クアトロ・エントラリーニャ・ブロック)

更新日:

2015/2016シーズンのFリーグ第2節、浦安が魅せた珠玉のプレス回避からのゴール。

バルドラール浦安は6番 荒牧太郎選手、7番 中島孝選手、9番 星翔太選手、19番 高橋健介選手(現浦安監督)の、最強セットだ。

対するペスカドーラ町田はマンツーマン+受け渡しの強いハイプレス。

荒牧選手から左サイド高橋選手へ渡り、高橋選手が相手DFを背負ってためてから荒牧選手に戻すと、浦安はクアトロに変形する。荒牧選手から右サイド中島選手へ、荒牧選手へのリターン後の中島選手の抜け方とエントラリーニャが素晴らしい。

中島選手は相手DFが撤退して自分がフリーになったとみるや即座にターン、右サイドの星選手へ。星選手から中島選手へリターンすると、ノープレスの状態から前線左ピヴォの高橋選手へ。そのあとの中島選手のブロックもまた素晴らしい。

2人のピヴォのボールの受け方、持ち方。荒牧選手のさばき方。中島選手のフリーランと判断、そしてブロック。
4人ともが、それぞれのストロングポイントを活かしきった素晴らしいゴールだ。
特筆すべきなのは、この主力4人が後半残り4分という時間帯に、かの町田を相手にこのプレー精度でプレスを回避しているという部分だろう。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

-2016/17F-LEAGUE, クアトロ, ピヴォ当て, プレス回避
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.