キックイン戦術(美しすぎるボレー)

ヴォスクオーレ仙台11番 井上卓選手がバサジィ大分戦で魅せた、ビューティフルゴール。

キッカーがボールをセットして助走をとる間に、仙台の17番 田口友也選手がフィクソの位置から右サイド深く、ピヴォの位置へ長い距離を走る。このフリーランが、大分ディフェンスの気を逸らすのだ。

左アラの井上選手は、いったん戻るステップでフェイクを入れて、自分のマーカーがボールの方を見た瞬間に前へダッシュ。このタイミングが素晴らしい。ディフェンスは慌てて追うが、時既に遅し。

そしてこのエレガントなボレーシュートだ。
二軸動作がとてもスムーズで美しい、記憶に残るゴールである。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク