キックイン ピヴォ当て

キックイン戦術(チョンドンと見せかけてピヴォ当て)

更新日:

フウガドールすみだのキックインサインプレー。
キッカーは14番 西谷良介選手、シューターが7番 稲葉洸太郎選手のチョンドンに見せかける格好で始まる。77番 ボラ選手がファーポストを狙う位置だ。

稲葉選手が大きく助走をとることによって、ヴォスクオーレ仙台のディフェンスは間を開けて立たざるを得ない。

稲葉選手が打つ気満々で助走に入る瞬間、ボラ選手はファーポストへ一歩移動するフェイクを入れて、ディフェンスの間のスポットへ入る。

稲葉選手はシュートモーション全開でディフェンスをビビらせながらダイレクトでピヴォ当て。ボラ選手の右足にドンピシャのパスだ。ボラ選手が足裏でコントロールすることで、ディフェンスもゴレイロも完全にボールに集中させられる。稲葉選手はパスアンドゴーでファーサイドへ。

稲葉選手のシュート力と演技力、そしてボラ選手の何をしてくるか分からない不気味さが、サインプレーを成功させるカギだ。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

-キックイン, ピヴォ当て
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.