キックイン戦術(ダイレクトピヴォ当て)

ポジショニングと技術が生んだゴール。ピヴォ当ては、仮に相手に奪われても数的不利にはなりにくいのが、この動画を見ていても理解できる。やはりリスクが少ないのが3-1のメリットだ。

攻撃側(デウソン神戸)フィクソ松宮選手の右足アウト気味ダイレクトで出したパスの正確な技術、ピヴォ原田選手のポジショニングとキープ力。そして一瞬ボールウォッチャーになったマークを松宮選手はワンフェイクで振り切って走り込む。原田選手はさらして引き左インサイドの落とし。体勢を崩しながらこれまた左足ダイレクトで打ち切った松宮選手の身体能力と技術。お見事。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク