キックイン

キックイン戦術(ボールの軌道を変えるのは誰でもよい)

更新日:

ノーリスク、残り時間が少なくても簡単に結果につながるキックイン戦術。

キックインの方向と高さ、走り込む選手のタイミングと方向がカギだ。

まずキッカーの体勢。手でセットして顔を上げ、狙うポイントとタイミングを計っている。
狙うのは、ゴレイロとディフェンスの中間の胸の高さ。ディフェンスの足が出ない、万一手が出るとハンドでPKを与えてしまうぐらいの高さを狙う。

攻撃側真ん中の走り込む選手、シュライカー大阪の佐藤亮選手は、ディフェンスの背後を狙う。ディフェンスがはじめから佐藤選手についてきたら、一番右の選手が空いたスペースに入ってきて左足ダイレクトシュートが狙える。全部タイミングが合わなければ、画面外のフィクソに戻すのだ。

佐藤選手のマーカーは、マークを捨てるかついていくか、一瞬迷う。自分の守備ゾーンで、一番外の選手にシュートを打たれる可能性があるからだ。

ゴール前に送るボールの精度がよければ、ボールの軌道を変えるのは、味方でも敵でもどちらでもよい。

こういうゴールは、前半終了間際か、試合終盤の残り時間が少ないときに特に生まれやすい。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

-キックイン
-, , , , , , , , ,

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.