キックイン戦術(横イチ-ヘドンド-ファー詰め)

素晴らしすぎるサインプレー

横1列にセットするキックインからのサインプレーの超ハイレベル編。
わざわざ横イチになる目的は、相手にマンツーマンを強く意識させるためだ。
湘南ベルマーレの選手はこの時点で、(なんですか?またいつもの2枚ブロックから大外がシュートですか?)と、自分のマークの相手には何もさせないぞと、意気込む。

かと思ったら、遅攻に切り替えたように見せて、フィクソにパス。これでマークを一瞬緩めてから、ヘドンド(旋回)からのピサーダ(足裏で後方にパス)2連発!からのフィクソの位置にいたエスポラーダ北海道 高山剛寛選手が最終的にセグンドパウ(ファー詰め)に入るという。こんなにうまくいくかーっ!!
横イチでマンツーマンにならざるを得なくしてからヘドンド。策士すぎる!美しすぎる!



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク