定位置攻撃

定位置攻撃(中央でパラレラ)

更新日:

バサジィ大分の23番 芝野創太選手と 10番 仁部屋和弘選手が見せた、プレス回避からの2人の関係。中央でのパラレラからのゴラッソだ。

トラップひとつで全てのプレッシャーを無意味にする、ひとりプレス回避

バサジィ大分のゴールクリアランスから動画は始まる。

府中アスレティックのハイプレスに対して、芝野選手は中央で受ける。トラップはドリブルのスタートとでも言わんばかりの「ひとりプレス回避」である。

テンポの定まらない、緩急のついた芝野選手のドリブルは、ディフェンスを翻弄する。両足を自在に操り、切れ味鋭い方向転換を見せるので、迂闊(うかつ)に奪いにいけない。

意表を突く中央パラレラ

仁部屋選手はアドリブの天才だ。
芝野選手が右から中央にカットインすると見るや、なんと芝野選手に近づいていって、中央でパラレラをキメてしまう。そして右に流れながら、突き上げシュート。シュートを突き上げれば、ディフェンスのスライディングにも掛からない。

この個人戦術のオンパレードが、バサジィ大分の真骨頂だ。



このサイトを応援してくださる方は、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。
SNSでのシェア・拡散・引用は大歓迎いたします。

-定位置攻撃
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FUTSALdb , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.